意外と知らない?
iPhoneの修理可能な故障 修理不可となりやすい故障についても解説

iPhoneの修理店で「修理可能な故障」について詳しく解説しています。また「修理不可となりやすい故障」についても詳しく解説しています。

「iPhoneを落として画面を割ってしまった」という場合、多くの方が「直せばいい」と考えますよね。しかし「データが取り出せない」「電源が入らない」といった故障の場合「修理できるのか」というのは、ほぼ知られていません。しかし「修理に行ったけど修理不可だった」となれば2度手間ですよね。そのため今回は「修理が可能な故障」「修理不可となる可能性の高い故障」を詳しく解説していきます。

修理が可能な故障

iPhone

多くの修理店で修理可能な故障は
・電源やデータの復旧作業
・液晶の交換作業
・画面割れ(ガラス割れ)修理
・バッテリー交換
・水没復旧
以上の5項目です。しかし正規店と非正規店、依頼する店舗などによって項目は多少異なります。そのため、足を運ぶ前にホームページなどで「故障対応の範囲」を確認してください。それでは順に症状と注意点などを紹介していきます。

電源やデータの復旧作業

電源やデータの復旧作業では「電源が入らない」「データが取り出せない」といった場合に、基盤などが修理されます。また、基板故障の修理の場合、複雑かつ高度な作業が求められるため
・修理費用が高いケース
・直せないケース
・修理に失敗し修理不可となってしまうケース
などが考えられます。そのため、修理前にバックアップを取っておくなど、対策を必ずしてください。また、費用も修理店の公式サイトでチェックしておきましょう。その際に「修理実績」や口コミ評価なども確認できると安心です。

液晶の交換作業

この修理は「画面が反応しない」「画面の一部が暗い」などの症状に対して行われるものです。iPhoneにおいて「画面交換が必要」となった場合、必ず注意しなければならないポイントがあります。それは「iPhoneの画面に使われるディスプレイには2種類ある」ということです。

iPhoneの画面には
・有機EL
・液晶
のどちらかのディスプレイが使われています。「どちらが使われているのか」というのは
・機種
・価格
などによって異なります。例えば、iPhoneX以降であれば画面に有機ELが使われています。それ以前の機種の場合、価格などによって違います。

なぜ「ディスプレイが2種類あることに注意するのか」ですが、それはごくまれに「有機ELディスプレイ」の修理に安価な液晶を代用し、対応する業者が存在するからです。

もし、有機EL仕様のiPhoneに液晶が代用された場合には
・タッチパネルの操作感が修理前より鈍くなった
・画面の明るさが以前より暗くなっている
・バッテリーの消費が増えてしまった
などの不具合が起きやすくなります。そのためiPhoneの機種にもよりますが、画面修理を依頼する場合には注意してください。おすすめは、店舗のサイトなどで「使われるディスプレイの種類」を確認しておくことです。

画面割れ(ガラス割れ)修理

画面割れは、SNSなどでもよく耳にするとともに、最も修理件数が多い故障です。この故障に対する修理も画面交換です。それに伴い注意点も上記同様「iPhoneの機種に則したディスプレイが使用されるか」という点です。

iPhoneX以降であれば画面に有機ELが使われ、それ以前の機種であれば基本的に液晶が使用されています。前述しましたが、まれに有機ELディスプレイの修理に、安価な液晶を代用する業者も存在しますので。注意してください。

液晶が代用として使われた場合には、上記で挙げた
・タッチパネルの操作感が修理前より鈍くなった
・画面の明るさが以前より暗くなっている
・バッテリーの消費が増えてしまった
以上のような実害が出ることもあります。

そのため、修理の際には「画面修理に使われるもの」をサイトなどで確認してください。多くの場合、画面修理の欄などに「液晶での代用はしません」などの記載があります。

バッテリー交換

「充電のもちが悪い」「充電があるはずなのに、電源が落ちてしまう」といった際に考えられるのがこの修理です。しかし、実は「バッテリー交換」にも注意点があります。それが「違法パーツを取り扱う業者」の存在です。

昨今では、正規店に比べ安価に済む「非正規店での修理」が増えています。しかし、一方でその流れから
・違法なパーツを使用する業者
・技術がないのに修理を請け負う業者
などが出てきています。

また、これらの悪質な業者による修理で
・iPhoneを修理不可にされた
・違法なパーツ(主にバッテリー)を使用され発火事故にあった
などの被害にあうケースもあります。そのため、実績や評判など「信用できるのか」といった部分の確認をしっかりとして、安全な業者の見極めを行ってください。

水没復旧

トイレや汗、風呂などでiPhoneが水没した際に行われる修理です。しかしこの修理は特殊で「水没した瞬間に応急処置ができたかどうか」で復旧の成功率が大幅に変わります。また、やってはいけないこともあります。

その「やってはいけないこと」というのは
・水没した後に充電を行うこと
・電源をつけようとすること
などです。これらを行うと「内部の基盤などがでショートする可能性」が高くなり、最悪の場合、修理不可となります。危険なので、水没した後のiPhoneには、絶対に電気を通さないでください。

修理不可となる可能性の高い故障

iPhone

修理不可となる可能性の高い故障として主なものは
・水没による故障
・リンゴループ が起きた場合
・生体認証が使用不可となった場合
以上の3つです。順に解説していきます。

水没による故障

防水機能を過信して「トイレや浴室にiPhoneを持ち込み、水没させてしまった」という人は意外と多いです。しかしいくら防水性能が向上していても、iPhoneは電子機器です。そのため、水に弱い性質を持っていることには、変わりありません。

また、水没後に部品を交換して、運よく直ることもありますが、中枢である「基盤部分」などが水没した場合、修理不可となることが多いです。さらに、修理ができたとしても、再び障害が発生することもありますので、覚えておいてください。

リンゴループ が起きた場合

iPhoneを使用していると「リンゴループ」と呼ばれる現象がまれに起こります。これは起動時に表示されるリンゴマークが画面上に表示され続け、iPhoneが起動しなくなるというものです。この故障は100%復旧できないわけではないのですが、復旧率は低いです。また、判明した原因次第では修理不可となります。

生体認証が使用不可となった場合

パスコード解除、パスワード情報記憶などを可能とする
・TouchID
・FaceID
などの生体認証機能が故障した場合は、修理不可となりやすいです。

生体認証が使用不可になる原因は
・経年劣化
・落下
・水没
など様々ですが、生体認証はセキュリティ面に大きく関与しているため、修理不可と判断されやすいです。特にクレジットカードや口座の情報など、金銭に関する個人情報を記憶させていた場合には、修理不可となりやすいです。

まとめ

iPhone

iPhone修理店で「修理可能な故障」「修理不可となる可能性の高い故障」についてはお分かりいただけたでしょうか。中でも最も修理不可になりやすい故障が「水没」です。もし水没させてしまった場合には、すぐに修理店へ行きましょう。もし修理する店舗に迷うことがあれば「 iFCVision江南駅前店」に相談してみてください。「総務省登録修理事業者」という認可の下りている安心安全な修理店です。ぜひ一度足を運んでみてください。